スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

現代の「禁酒法」

カテゴリー: 時事雑感

【CNET】ヤフー、MS、DeNAら5事業者が「青少年インターネット規制法案」に反対--自主的な取り組みを進める
【GIGAZINE】「青少年インターネット規制法案」が成立すると、日本のネットは完全に死ぬ

GIGAZINEは過剰反応気味のような気もしますが、
先にやるべき事を全部すっ飛ばして法律を作ってしまう、
その法律にも曖昧な部分が多すぎる、というのは同意ですね。

別に「規制するな」とは言いませんよ。
ただ、規制するならするで、拡大解釈による権力の暴走を防ぐ必要があるし、
義務や刑罰を課すなら妥当で実現可能なものにしなきゃ駄目でしょ。

この条文のままだと、どう見ても青少年に有害じゃないものまで
「有害だ」と言われて削除だの規制だのされたり、
逆に一般的に「アウトだろ…」と思われるものまで
「セーフ」のお墨付きをもらったりする可能性があるわけで……。

ネットも現実も善悪基準は基本的に同じなんですから、
有害無害の基準には既存法令を用いれば不都合はないでしょう。
わざわざ委員会を設置して、わずか5人の委員に
暴走の恐れがある強大な権利を与える理由が見あたりません。


ところで、気になるのが、普段どうでも良いような事に
いちいち「表現の自由の侵害だ」と騒ぐような人達が、
このときばかりはダンマリを決め込んでいると言うこと。
下手するとこのような人達の意見を主張するサイトまで
「反社会的で青少年に有害」として弾圧されてしまうわけなのに。

……何か裏を感じるなぁ。
実際は裏なんて無く、単に高を括ってるだけかもしれないけれど、
それはそれで彼らが無能だといういうことになるわけで、
彼らがこの法律に関してどう考えているのか、知りたいなぁ。
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://kamolife.blog76.fc2.com/tb.php/585-f8255ebf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。