スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

グローバルイルミネーション

カテゴリー: 電脳遊戯

【iNSIDE】【CEDEC2008】『ソニックワールドアドベンチャー』の開発現場から

ふむ、成る程。

ポリゴンもテクスチャも次世代機的には並以下なのに、
そこはかとなく漂う"次世代感"の正体、やはりGIでしたか。

ただ、やっぱりGIの処理はマジメにやると非現実的に重いらしく、
「ソニックワールドアドベンチャー」では地形からGIテクスチャ、
おそらく「ある地点において投射される影テクスチャ」なのでしょうが、
それを予め仕込んでおく、という方法をとったようですね。

ソニック並の速度で動的なGIをやるには、
現行機ですらまだまだ処理能力が足りないのですね。
「リアル」を追求する難しさ、思い知らされました。


※追記
iNSIDEの書き方が悪いのか、色々勘違いしていたらしい。

【GameWatch】
セガ、新作「ソニック ワールドアドベンチャー」におけるライティング技法を公開
“次世代水準”の映像美を実現するグローバルイルミネーション


背景のGIは事前計算されたテクスチャを焼きこむことで実現。
一方、キャラクターに関しては、空間中に仕込んだ見えないグリッドの頂点に
これまた事前計算された光源色データを格納し、レンダリング時に
キャラ近傍のグリッド頂点のデータを参照して光源色を決定してるみたいですね。

それにしても、ヘッジホッグエンジンのロゴのハリネズミ君(仮名)が妙にカワエエw
置物とか縫いぐるみとかあったら買っちゃいそうだ。
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://kamolife.blog76.fc2.com/tb.php/724-d25513c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。