スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

天文学的

カテゴリー: 与太話

【GIGAZINE】兆を超えて「京」へ、1ドルが2京ジンバブエ・ドルを突破

空前のハイパーインフレで一躍有名(?)になったジンバブエ。

そのインフレ率ときたら、文字通り「刻一刻」と上昇し続け、
時間(横軸)-為替レート(縦軸)でグラフを作ってみれば
縦軸を対数(10倍になるごとに1目盛進む)で取っても尚、
加速度的に上昇している、というとんでもないレベルだそうで。

んで、そのジンバブエドルがこの度晴れて1US$=2京Z$を突破。
"京"ですよ、"京"。10の16乗。17桁。
2回のデノミで1現Z$=10兆(14桁)旧Z$になっているため、旧Z$換算で30桁レベル。
物理定数とか、そういうレベルの数字ですよ、これは(笑)
ちなみに、水1トンに含まれる水分子の数が(3×10の28乗、29桁クラスです。

さて、今後ですが、「京」以降の数の単位は、Wikipediaによると
「垓(10の20乗)」に始まり、10の68乗(一説には10の88乗)まで存在するとのこと。

1日に数桁ペースで貨幣価値が下落していくこのスーパーインフレ、
このペースで行くとオーバーフローを起こしてしまうのも不可能じゃないかも。
ただ、仏教の数詞を使えば10の7x2^122乗、その桁数10^38桁まで行けるとのこと。
桁数が対数表現になるとは、仏教のスケール、侮れん。

がんばれジンバブエ、当面の目標は無量大数(68桁)越え。仏の境地に達するのだ!
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://kamolife.blog76.fc2.com/tb.php/786-813eac3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。